私は君の副応援団長

 応援団長はまぎれもなく両親なので、私はあくまで「副」です。副は複数いますから、私はその中の一人です。

 そのくらいの感じがいいんじゃないでしょうか。