田唐さん、注文は?

 昨日ページをひとつ、田唐さんにお任せをして、宝塚を存分にどうぞということにしました。

 今日もお見えになっておりまして、ノートパソコンを持参で、カウンターではなく窓際の席にお座りです。ほっ。ウキウキな気持ちが伝わってきますね。

 でも、いいですね。なんでものめりこめるものがあるというのは素敵なことですよ。

 「あのぉ、田唐さん。ご注文は?」

 「マスター、ほんとうにありがとうございました。たのしいです」

 「そうですか。それはよかった。それでご注文は?」

 「そうだった。ちょっと待って。スカーレット・ピンパーネルを・・・、いや違うな。そうじゃない。霧矢大夢という人は・・・」

 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 「あっそうだった。DVDのケースを撮影するんだった。マスター、すぐ戻りますから、このままにしておいて」

 「はい。はい。ブルーマウンテンを入れておきますね」

 「なんか言いました?」

 「いってらっしゃいませ」

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ