孫がお食い初め

今日の「あー宝塚」

 田唐 束でございます。

 昨日の朝のワッツ・アップ・宝塚では、大夢さんとリュウ様が出演していて、エドワード8世の稽古場レポートをしていましたね。私はチケットを2回分ゲットしました。バンザーイでございます。

 今日は書きます。「マジシャンの憂鬱」のつづき。

  だんだん田唐さんの行数が増えてきました。がんばらないといけません。

 昨日は、孫のあきちゃんのお食い初めでした。

 妻は朝早くから、せっせとお赤飯を炊いていました。「ちょっと豆が硬かったかしら」などと言いながら。

 その豆は、田舎のおばあちゃんが娘のために作ってくれたものでした。去年の夏の盛りが来る前に亡くなりました。秋まで待ってくれればあきちゃんに会えたのですが、ちょっと残念でした。でも93歳で、ぽっくり逝くことが望みで、ほんとにその通り逝ってしまいました。笑っているような顔でした。しあわせだったと思います。

 人生は順繰りですね。ついこの間、娘のお食い初めをしたような気がします。その娘が、もう立派なお母さんです。あきちゃんもあんなに小さかったのに、この頃は、抱っこしてると腕がしびれます。

 写真はそのお赤飯です。おいしかったですよ。

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ