BCG予防接種

 昨日は、孫のあきちゃんのBCG予防接種に付き合いました。

 

 私は親ではないので、遠くから見ていました。

 受付を済ませると、お母さん(私の娘)が熱を計ってあげていましたね。

 赤ちゃんが大勢いました。どのお母さんもちょっと心配そうな表情で・・・。それはそうですよね。かわいい我が子にとって初めての体験ですからね。

 

 孫のあきちゃんはきょろきょろしていました。いよいよ診察室に入っていきました。私もちょっと心配になってきました。あきちゃんは泣くでしょうか。

 赤ちゃんの泣き声が聞こえていました。大勢いますから、中には平気な顔をして出てくる赤ちゃんもいます。たいしたものです。

 

 不思議ですね。あの泣き声はあきちゃんとは違う。こっちの泣き声も違う。と分かるものですね。そう言えば、娘たちが赤ちゃんだった頃もよくわかりましたね。すっかり忘れていました。

 

 診察室の出口のほうから中が見えました。

 お母さんがあきちゃんを抱いてイスに座って、小さな左手を握っていました。あきちゃんは左上半身が裸で、キョトンとしていましたよ。

 その姿を見て、意味もなくウルッときました。もう私の涙腺はダメですね。

 

 しばらくして診察室から出てきました。

 あきちゃんは、赤ちゃん用に用意されたベッドでお母さんが服を着せている間ニコニコしていました。偉かったですね。泣かずにがんばりました。

 

 帰り際に、ちょっと抱かせてもらいました。

 人見知りですから、用心をして、恐る恐る。平気でしたね。また少し、成長したのですね。

 

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ