次女、再チャレンジ。

 次女が再度チョコレート作りに挑戦しています。実は、アドバイザーは長女のお婿さんです。あっ君と呼ばれています。あっ君は料理全般からスウィーツまでこなす器用な人です。

 次女は大学生のときにカップケーキ作りに挑戦をして、カップからケーキが上に伸びてそのあと横に曲がったカップケーキ?を作りました。そのカップケーキの形をイメージできますか。きっとそのイメージで正解だと思います。なぜそうなったのかは、いまだに謎だそうです。

 長女はそのときの話を今でもします。よっぽど愉快なカップケーキだったのでしょう。しかし、その感じで次女がチョコを作って、それを彼にプレゼントすることを心配したのでしょう。美しい姉妹愛です。それで、あっ君のアドバイスということになりました。

 次女は作りながら、「さすが、あっ君」を連発です。そして「お姉ちゃんのお婿さんがあっ君でよかったよ」とも。さらに「お姉ちゃんは、バレンタインデーのときプレッシャーだっただろうねぇ」と。

 私も完成品を試食させてもらいました。ほろ苦くて、とても甘い、おいしいチョコです。実り多い人生を歩んで行くために、良きアドバイザーにめぐり会うことは大切なことです。

 ここまでお読みいただくと、妻と長女はなにをしているんだ? と思いませんか。実は、ここであっ君を引っ張り出したのは妻なのです。

 写真は完成品です。次女の彼氏ははたして、とろけて、くれるでしょうか?

 

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ