ちょっと、せわしない?

 我が家の梅のつぼみがずいぶん膨らんできました。写真がそれです。今年で4シーズン目だと思います。某ホームセンターで買いました。毎年ちゃんと咲いてくれます。小さな木なのに白と赤が咲きます。紅白で縁起の良い梅です。

 「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言いますが、我が家のものは小さな小さな梅なので、どうしたらよいのでしょう。剪定しようにも、小さいのでちょっと忍びないです。それとも梅とは、小さなうちからそのようにすべきものなのでしょうか。

 今年ももうすぐ紅白にきれいに咲くと思います。咲いたら、またご報告します。

 

 このようにブログを書いて、写真もあったほうがいいと思うので、カメラを持って町をブラブラします。カメラといっても、私のは普通のデジカメです。小さいのに高機能・高性能です。しかし、私はそのほとんどを使いこなせてはいません。携帯電話もしかり、パソコンもしかりです。

 まぁ、それはそれとして、話は「町をブラブラ」の方です。

 この時期は被写体に困ります。どっちを見てもあまり絵にならないのです。木に葉っぱはないし、花も咲いていないし、あーあと思っていましたが、よくよく見てみると芽というかつぼみというか、出てきているし、けっこう膨らんでもいるのですね。偉いものです。

 

 私のような者でも、少し早足で生きてき過ぎたのかもしれませんね。ゆっくりきたつもりだったのですが、木々や草花に「ちょっとせわしないんじゃないの」と言われた気がしました。

 今日はちょっといつもと違う私です。

 

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ