気が強そう。

 今日は孫のあきちゃんの話です。

 

 あきちゃんのお母さんは、大学生の頃から地元の神社の囃子連のお手伝いをしています。もう8年くらいになります。

 以前は笛や太鼓をやっていましたが、最近は後輩たちに任せています。

 その囃子連は子供が多くてにぎやかです。

 

 ついこの間、あきちゃんは練習場にデビューしました。

 お母さんが臨月まで通っていたので、お腹の中で笛や太鼓の音を聞いていたのですね。泣かずにいるそうです。

 そのときに囃子連の子供のお母さんたちが、小さな祭り半天セットをプレゼントしてくれました。

 

 帰ってきてから、あきちゃんに半天を着せて、粋な髪飾りも付けてみました。

 家族全員が歓声をあげました。かわいいのです。本人もうれしいらしくご機嫌です。

 そのうちに小さなおかめやひょっとこを舞ってくれるでしょうか。

 

 この頃は少し人見知りがおさまってきたようです。あやすとニコッと笑ってくれます。ちょっとだけなら抱っこさせてもらえます。

 寝返りももう少しのところまできています。できそうでできないので、くやしがって泣きます。

 気が強そうです。

 

 

         お梅ちゃんは元気です。

白が一輪咲きました。

この梅の種類は「思いのまま」というそうな。

 

昨日、ひばりの声を聞きました。

 

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ