泡 立造 と申します。

 

 

私、泡 立造(あわ たつぞう)と申します。

 

「身を泡にしてお嬢様にお仕えせよ」と

 

ご主人様から申し付かって参りました。

 

 

 

このように、缶ビールの上に装着。

 

トクトクトクと・・・。

 

クリーミーに。クリーミーに。

 

 

 

おみごと。

 

なんと美しい泡立ちでしょう。

 

泡 立造 、泡づくり冥利に尽きます。

 

 

 

 

 

お嬢様は豪快にいきます。

 

女にしておくのはもったいない。

 

いやぁ、それにしてもうまそうです。

 

 

 

写真のクリーミーな泡をつくるものとジョッキ。

実は、次女が彼氏からプレゼントされたものです。

 

まぁ、そんなわけです。

 

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ