靴下物語 1

 孫のあきが、高速で足をすり合わせています。

 左足の靴下はもう脱げています。

 

 ひじょうに器用に足を動かします。

 あと一蹴で、右足の靴下も吹き飛びます。

 

 赤ん坊というのは不思議です。

 教えもしないのに、親と同じようなことをします。

 遺伝子のなせるわざなのでしょうか。

 まったくコピーなのですね。

 

 

 私は、あきを観ていてほんとに驚きました。まだ生まれて5ヶ月でこれです。

 とりあえず靴下のお話です。

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ