ロボットスーツ

このような姿で二人で散歩しています。

一見すると私があきを連れているようですが、

実は、私はあきのロボットスーツなので

操縦しているのは9ヶ月の赤ん坊です。

 

このときも、私は引き返そうとしたのですが、

あきが手すりをガシッとつかんで放しません。

水面を飽きもせず眺めています。

この池には、亀や鯉が多くいるのです。

 

ときどき「あっ!」「おっ!」と大声を発します。

手を振ったり、足をばたばたさせたり・・・。

えさもあげないのに亀や鯉も寄って来ます。

おもしろいものですが・・・・・、「もう帰ろうよ」。

 

そういえば、おかあさん(長女)にもこういうところがありました。

まったく動かなくなってしまうのです。自分だけの世界に入ってしまうのだと思います。

そういうときは覚悟を決めてお付き合いするしかありませんでした。

すっかり忘れていましたが、そうでした・・・・・。あきちゃんが飽きるまでお付き合いしましょ。

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ