もう、10年以上になるでしょうか。

ざっと振り返っても、10年は経っているような?

諏訪大社上社本宮東の鳥居の前の達磨さんです。

 

毎年この時期に行って、交代してもらいます。

なぜこんなに続いているのかよく分かりません。

 

でも、背中に書いた私たちの願いを叶えるために、

毎年大汗をかいて働いてくれているのを感じます。

 

店先の焚き火にあたりながら、甘酒をいただいて、

毎年、どうということもない世間話も楽しいのです。

 

感謝をして去年の達磨さんの山に我が家のも置き、

ご主人と「また来年もお願いします」「いや、こちらこそ」と。

 

時間にしたら、30分にも満たない行事なんですが、

達磨さんを抱えて「どうも」と、気が付けばもう10年以上も。

← 目次はあちら

   更新情報

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ